ダークトレース、次世代のクラウドコンピューティング環境を100%可視化するDarktrace Cloud の機能を拡充

〜すべての主要SaaSプラットフォーム上で未知の脅威をリアルタイムに特定〜

2018年7月18日水曜日

最先端のAIで世界をリードするサイバー防御企業、Darktrace(以下、ダークトレース、本社: 米国サンフランシスコ、英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):ニコール・イーガン)は、独自のAI技術によりクラウドオンリー環境のネットワークの定常状態を自己学習し続けるDarktrace Cloudが機能を拡充し、このたびAmazon Web Services、Microsoft Azure、Office 365、Salesforce、Google Cloud Platformなどを含むすべての主要なSaaS環境において、内部の通信パターンを100%可視化して脅威をリアルタイムに検知できるようになりました。

ポリマー添加剤技術の世界的リーダーであるAddivant(米国)、アーリーステージ向けベンチャーキャピタルのInnovating Capital(米国)、アリゾナ州とテキサス州に拠点を置く信用組合TruWest Credit Union(米国)、米国ラスベガス市政府など、すでに500社を超えるダークトレースの顧客がクラウド上におけるユーザー間の通信を100%可視化しながらクラウドネットワークとSaaSアプリケーションを未知のサイバー脅威から保護しています。

Addivantの情報技術ディレクター、コリン・マクリース氏は、「Darktrace Cloudによって、我々のデジタルインフラの最も暗い隅々にまで光を当てることができるようになりました。ダークトレースのAIを駆使して我々のネットワークにおける脆弱性と未知の脅威をリアルタイムに特定できる能力は、全社のサイバーセキュリティ戦略を根本的に変革しました。我々のクラウド環境とSaaSアプリケーションにおけるすべての通信パターンを可視化できるという類を見ない能力を駆使し、クラウド上のワークロードを最適化するのみならず、ネットワークインフラ全体のあらゆる通信の動きをさらに理解できるようになりました」と述べています。

2016年に最初に発表されたDarktrace Cloudは、ソフトウェアベースのセンサーとAPIを駆使してユーザー、デバイスの生活パターンをモデル化することで、クラウドオンリー環境のネットワークを100%可視化し、環境設定上のほんのわずかな変化や異常なデータの動きをリアルタイムに検知します。今回の機能拡充は、エッジコンピューティングの普及や、IoTのさらなる進化に伴いデータのクラウド保管が急速に増えていることによるものです。

人工知能を駆使し、クラウド上のワークロードやSaaSアプリケーションにおけるリッチデータの流れを分析するDarktrace Cloudは、下記のメリットを提供します。

  • あらゆる規模のネットワークで、ユーザー、デバイス、コンテナの生活パターンを学習
  • 脆弱性や進行中のサイバー脅威を特定
  • ますます加速する攻撃のスピードに自動的に対処
  • 前代未聞の可視性を提供し、セキュリティ運用担当者の盲点をなくす
  • 主要なクラウドおよびSaaSプラットフォームにインストール可能

ダークトレースのCEO、ニコール・イーガンは、「クラウドオンリー環境やマルチクラウドインフラ、Office 365などのSaaSアプリケーションに至るまで、組織はネットワークインフラを急速に進化させていますが、これはサイバーセキュリティに重大な変化をもたらします。クラウド上でリアルタイムに脅威を検知するダークトレースの真の人工知能を駆使することで、組織はデジタルインフラの最も重要な部分における設定エラーや進行中の脅威を特定することができるのです」と述べています。

ダークトレースについて

ダークトレースは、サイバーセキュリティ分野で世界をリードするAI企業です。Enterprise Immune Systemは、数学の専門家が開発した機械学習とAIのアルゴリズムを応用して、クラウド、仮想、IoT、産業用制御システム(ICS)を含むあらゆるデジタル環境で機能する自己学習型プラットフォームにより、事前定義を必要とせず、ゼロデイ攻撃や内部脅威、ランサムウェアなどのサイバー脅威をリアルタイムに検知・遮断します。本社は米国サンフランシスコと英国ケンブリッジにあり、世界に30以上の拠点を置いています。