テクノロジー
製品
リソース
会社
日本語
テクノロジー
製品
ブログ
リソース
会社

ダークトレース、S&J、ジェイズ・コミュニケーションと共同で日本語による24時間365日のアラート分析・監視パッケージを本格展開

初の3社共同サービス、増加する攻撃の予兆に自己学習型AIと両輪で漏れなく早期対応

2021年7月7日水曜日

自律型サイバーセキュリティで業界をリードするAI企業、Darktrace(以下、ダークトレース、本社:英国ケンブリッジ)は、このたび販売代理店のジェイズ・コミュニケーション株式会社(以下、ジェイズ・コミュニケーション、本社:東京都中央区)、およびS&J株式会社(以下、S&J、本社:東京都港区)と共同で、ダークトレースの旗艦製品であるEnterprise Immune Systemが自動検知する通信異常やサイバー脅威に年中無休で対応する「Darktraceアラート分析・監視サービスパッケージ」の提供を本格展開することを発表します。

人間の免疫システムに着想を得て開発されたEnterprise Immune Systemは、ルールやシグネチャに依存せず、事前設計やメンテナンスも不要ながら、ネットワーク内外に分散する従業員やデバイスの挙動、組織の通信パターンを独自の自己学習型 AIが自律的に機械学習し、定常状態とは異なる「異常」をリアルタイムに検知します。これにより、組織にとって脅威や異常と見なせる通信は、理論上いかなるものも自動的にアラートできることが特徴です。各デバイスの挙動や接続の状況は独自の3DインターフェースであるThreat Visualizerでリアルタイムに100%可視化され、定常からの逸脱度に応じて自動的に色分けされるため、人手によるアラートの深掘調査やインシデント対応を漏れなくかつ客観的に優先順位をつけて実施できるようになります。

テレワークやデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速し、国境を跨いで猛威を振るうランサムウェアや標的型メール攻撃、クラウドシステムの設定ミスなどの内部脅威によるサイバーインシデントのリスクや被害が日本国内でも急増する中、ダークトレースが提供する世界で唯一のサイバーAI技術と、S&Jが日本で長年培ってきたサイバー攻撃監視やセキュリティ診断サービスにおける専門性との両輪で、迅速かつ的確な日本語による分析・監視サービスを24時間365日体制で提供することで、日本国内における組織のセキュリティレベルや安心感をさらに高めることを狙いとしています。

Darktraceアラート分析・監視サービス パッケージ 概要

  • ダークトレースのEnterprise Immune Systemでテレワーク、SaaS、クラウドを含む広大IT環境を監視
  • セキュリティ監視の専門業者であるS&Jが分析・監視を24時間365日体制で実施
  • 長年のセキュリティ商材販売実績を誇るジェイズ・コミュニケーションが適切な設置構成を設計

S&Jの代表取締役社長、三輪信雄氏は、「SaaSやクラウド環境、テレワーク環境も含めてDXが加速する顧客のデジタルインフラ全体を丸ごとAIが自己学習し、完全可視化できるEnterprise Immune Systemは、ユーザーの挙動をどこにいようと漏れなく一元監視できるため、ゼロトラスト時代におけるSOCの運用に最適なプラットフォームです」と述べています。

本パッケージは、ネットワークセキュリティを専門にディストリビューション事業、インテグレーション事業、サービス事業まで一貫して展開し、世界各国の主要ベンダーの製品の日本国内での拡販に多数の実績があるジェイズ・コミュニケーションが販売し、今後3年間で30社に導入することを見込んでいます。本パッケージについて詳しくは、S&Jの公式ウェブサイトをご覧ください。

ダークトレースについて

ダークトレースは、自律型サイバーセキュリティで業界をリードするAI企業で、サイバー脅威を自動遮断する技術を世界で初めて開発しました。世界100か国以上における5,000社以上に導入実績があり、クラウド、Eメール、IoT、従来型ネットワーク、エンドポイント、産業用制御システムを含む組織のデジタル環境を全域にわたり網羅的に防御しています。

自己学習技術を駆使するダークトレースのAIは、内部脅威、リモートワークのリスク、ランサムウェア、データの損失、サプライチェーンの脆弱性などを含む高度なサイバー脅威を自律的に検知・調査・遮断します。

従業員数は世界各国で1,500名を超え、本社は英国ケンブリッジにあります。ダークトレースのAIは1秒毎にサイバー脅威に自動対処しており、損害がもたらされる前に顧客を保護しています。

S&J株式会社について

事業内容 : サイバー攻撃対策システムの開発及び運用、サイバー攻撃監視やセキュリティ診断、コンサルティング、インシデント対応などのサービス提供。(S&Jは、自社開発の運用システム「SOC Engine®」により、効率的・効果的なセキュリティ運用サービスを提供しています。)詳しくは、公式ウェブサイトをご覧ください。

ジェイズ・コミュニケーション株式会社について

1995年4月に設立された、ネットワークセキュリティ、ネットワークインフラ技術に特化した企業です。ネットワークセキュリティに係るディストリビューション事業、インテグレーション事業、サービス事業を展開しています。詳しくは、公式ウェブサイトをご覧ください。