Antigena EmailはDarktraceのコアAI(人工知能)を駆使して最も進化したEメール脅威を阻止し、受信箱を標的とするあらゆる種類の脅威から従業員を保護するために介入します。

この技術は静的なルールや過去のデータに頼る代わりに、Eメールユーザーの独自の「生活パターン」、および受信者と送信者の複雑な関係を理解することで機能します。 Antigena Emailはこの自己学習型アプローチにより、一見無害なEメールを確実に悪質なEメールとして表示します。

94%のサイバー脅威はEメールから始まります。

主な特長

自己学習
新たな証拠に照らして継続的にアップデート
個々の行動パターン
に基づく人間の理解
相応に対処
脅威の性質と深刻度に応じて
5分間でインストール
仮想またはハードウェアで導入

自己防御する受信箱

高度なスピアフィッシング

組織の「生活パターン」とともにリンク、添付書類、ドメイン、コンテンツを分析します。

サプライチェーン攻撃

個々のユーザー間の通信パターンを学習し、信頼されたEメールアカウントが乗っ取られた際に認識します。

スプーフィングと勧誘

ユーザーを騙すために設計された「類似」ドメインを検知し、内部の受信者との異常な関係性を特定します。

従業員アカウントの乗っ取り

異常なログイン場所や不審なEメール処理ルールをセキュリティ侵害の兆候として特定します。

実証済みの保護

AIが偽のCEOによる支払いリクエストをブロック

Antigena Emailは、ある電力供給会社で会社のCEO(最高経営責任者)から自身の口座振込情報の更新を給与部門に依頼するメールが送信されるという説得力のあるスプーフィングメールを検知しました。 Antigena Emailは他の弱い兆候とともに、内部の従業員と信頼された連絡先に対するドメインの異常な近接性を自動的に計算し、エンドユーザーが受け取る前に明らかなスプーフィングとして指摘しました。

高度なスピアフィッシング

脅威アクターが米国の地方自治体の連絡先リストを取得し、丁寧に作られたスピアフィッシングでAからZへアルファベット順に職員に攻撃を仕掛けました。メッセージはNetflix、Amazon、その他の信頼されているサービスへのリンクを偽装した悪質なペイロードを含んでいました。 DarktraceのAIはこれらのリンクをOffice 365 メールトラフィックと関連して解析し、異質なドメインと通信パターンを認識し、各リンクがネットワークに侵入した時点でこれらをロックしました。

Office 365 乗っ取りに対するAI対応 

DarktraceのAIは、信頼されたサプライヤーのOffice 365認証情報の侵害後、ロサンゼルスにある映画製作スタジオを標的にしたサプライチェーン攻撃を発見しました。 攻撃者はサプライヤーのアカウントから、悪質なリンクを含む説得力のあるEメールをスタジオの従業員に送りました。 メールの全文脈を理解したDarktraceは、この「信頼できる連絡先」が攻撃者により乗っ取られたアカウントであることを明らかにした上で、悪質なペイロードを無害化しました。

Antigena EmailがWeTransfer攻撃を阻止

ある学術機関の5人の重要ユーザーを標的とした洗練されたEメール攻撃は、信頼されたウェブサイトに対する慣れを利用して有害なリンクを送り、組織内で複数の足掛かりを得ようとしました。 Antigena Email は、この組織が送信者と既知の関係を持っていたにも関わらず、サービススプーフィングのかすかな兆候を識別し、これらのEメールに100%の特異スコアをつけて保留しました。

次: 業界