悪意のあるAI:もはやSFではない

悪意のあるAI は、AIと機械学習を駆使してサイバー攻撃をさらに強化するもので、攻撃者はかつてないスピードとスケールで高度に的を絞った洗練されたキャンペーンを展開できるようになりました。

このようなAIは複数のレイヤーにおいて、より静かに速度を上げて、ネットワークの通常の挙動に紛れ込むようにしてミッションをより効果的に完遂しようとしており、従来のセキュリティコントロールで反撃することはほぼ不可能です。

悪意のあるAIに着実に反撃できる術は、防御側もAIを駆使することだけです。ダークトレースの自動対処技術は、進行中のサイバー攻撃に対してAIがリアルタイムに正確かつ的を絞って通常のビジネス上の運用に影響を与えることなく遮断できるようにします。今日、ダークトレースのAIは平均2秒毎に世界中で新たなサイバー脅威に自動対処しています。

無償評価プログラムを始める

もっと読む

防御するAI vs 攻撃するAI

AIを駆使するサイバー攻撃が主流になる中、進行中の攻撃を自動的に検知・対処・調査分析する自己学習型AIを駆使するDarktrace Immune Systemは、あらゆるデジタル環境を保護するデファクトの技術です。

ダークトレースのAIは標的型の内部脅威や国家レベルの活動など最も洗練された攻撃に対しても自動的に対処します。またランサムウェアのように数秒のうちに展開される高速の脅威に対しては、AIが人間では対応することができないスピードでアクションを起こし、脅威を中和することで、セキュリティチームがサイバーリスクを低減するための貴重な時間を確保することができます。

アルゴリズムがアルゴリズムと戦う時代、AIはサイバー脅威に追いつくことができない人間のセキュリティチームにとって最も必要不可欠なツールです。

より強力なソーシャルエンジニアリング
信頼を得るためになりすまし技術を駆使する標的型メールおよびソーシャルメディアコミュニケーション
AIを駆使するマルウェア
付加価値の高い情報資産を狙うために組織内のコミュニケーションの文脈を理解することでダイナミックに環境に紛れ込む攻撃コード
ごくわずかなデータ漏えい
正当に見せかけて長期にわたりデータを窃取し続ける「ローアンドスロー」型攻撃
サイバーセキュリティ業界における専門家の88%以上が、AI攻撃が主流になると予測しています。
Forrester

AI拡張攻撃とアルゴリズムの戦い

悪意のあるAIが世界規模で猛威を振るう中、数千におよぶ組織が自社を防御するAIを導入し始めています。

Darktraceの脅威ハンティングディレクター、マックス・ハイネマイヤーによる、攻撃者が攻撃キルチェーンを拡張するためにAIを駆使する手法を解説した調査レポート(日本語)を読む:

  • 今日の脅威を取り巻く環境におけるAI攻撃の登場
  • 攻撃するAIのあり方と使われ方
  • 防御するAIが攻撃するAIに勝つための手法

リクエスト

調査レポートをリクエストいただき、ありがとうございます。

このページの機能を使用するには、JavaScript が有効である必要があります。