Cloud Security

クラウドコンピューティング、SaaSアプリケーション、そしてIoTの台頭は、多様なデジタルインフラ全体においてワークロードを急速に増加させました。 企業の境界が曖昧になったことで、アタックサーフェスが拡大し、多くの領域が潜在的な危険にさらされています。

従来のセキュリティチームにとって多種多様なクラウド形式はまだ未知の領域であり、従来のセキュリティツールや手法はハイブリッド環境やマルチクラウド環境に適用できない、あるいは高度な攻撃に対する保護が遅い、もしくは局所的にしか対処できません。

クラウドネイティブなソリューションはコンプライアンスやログベースの分析に役立ちますが、範囲が限定されており、ルールやシグネチャに依存するため、新たな脅威やほんのわずかな内部脅威の兆候を早期に検知することができません。

クラウドはデジタルプログラムを管理するためにサービスベースのモデルをもたらしました。 しかし、コントロール負荷の低減がプライバシーやセキュリティに関する責任を軽減するわけではありません。

DarktraceのCyber AI Platformは、ハイブリッドとマルチクラウド環境および主要なSaaSアプリケーションの全域においてワークロードとサービスを保護するクラウドネイティブセキュリティのソリューションを提供します。 Darktraceは悪意のある内部関係者や外部の攻撃から将来的にビジネスを危機に陥れる重大な設定ミスまで、他のツールでは見逃されてしまうクラウドベースの攻撃を検知・対処し、企業全体に独自のセキュリティを展開します。

DarktraceはSaaSアプリケーションと滑らかに連携し、ネットワーク内または遠隔地で発生したユーザーインタラクションがリアルタイムに処理・監視されることを確実にします。

Darktraceは企業全体を局所的ではなく一元的に監視することで、ビジネスリーダーがセキュリティに対する柔軟な姿勢を保ち、脅威を迅速に無害化できるという自信をつけることでデジタルトランスフォーメーションを促進します。