Cloud Security

クラウドへの大規模な移行はデジタル事業とネットワーク境界における従来のパラダイムを根本的に変換しました。 ハイブリッドインフラと分散する従業員は、マルチクラウドに象徴されるますます多様なデジタル資産の部分要素になり、ほとんどの組織がまだ対応できていない複雑さに新たなレイヤーを加えています。

セキュリティチームはクラウドの可視性とコントロールを確保できず、多様で互換性のない防御により、許可を柔軟にし過ぎたり、単純ミスにつながりがちです。 このセキュリティに対する従来の「ストーブパイプ」アプローチは、不完全な統合および脆弱性のために十分なカバレッジを提供できず、また静的でサイロ型の方法に頼るため、不正アクセスされた資格情報、内部脅威、重大な設定ミスを発見できません。

クラウドにおける従業員の異常な挙動を監視する企業は、全体の3分の1を下回ります。 クラウドアプリやコラボレーションプラットフォーム使用の急増を考慮すると、これは憂慮すべき事態です。
サイバーセキュリティインサイダー

DarktraceのCyber AI Platformは、あらゆるレイヤーにおける「定常状態」を理解し、Eメール、クラウド、企業ネットワークに現れる分散された予測不可能な挙動をダイナミックに分析することで、これらのギャップを自己学習型AIで補完します。 この広範な統合により、Darktraceのシステムは異常なリソースの生成、AWSでのS3バケットの作成、Salesforceにおける怪しいデータ移動、新たな受信箱ルール、異常な場所からのMicrosoft 365へのログインなど、脅威の兆候であるわずかな逸脱を特定します。

免疫システムはポリシーに基づく制御とは異なり、クラウド環境における信頼されたアカウントの背後にいる人間を理解し、高度な攻撃のわずかな兆候を相関する統合された検知エンジンを提供します。