Cyber AI Platform

人工知能をサイバー防御に適用することで、重要なデータシステムおよびデジタルインフラを保護する能力が根本的に変化しました。 これにより、セキュリティチームが進化し続ける脅威環境に対処し続ける可能性が生まれました。

ルールとシグネチャベースのソリューションは、定義された既知の脅威に対して一定の保護を与えますが、これらをすり抜ける未知の攻撃が内部ネットワークに侵入してしまうのが現実です。 教師なし機械学習を駆使するCyber AIは、危機がもたらされる前にこれらの脅威に自動対処します。

Cyber AI は自己学習テクノロジーです。人間の免疫システムのように、個々のネットワーク固有のデータと挙動をオンザジョブで学習し続けます。 変化し続けるエビデンスを考慮しながら、数十億もの確率論上の計算を行います。

Cyber AI Analyst
人間のセキュリティチームを補完
Autonomous Response
CLOUD & SaaS
EMAIL
CLIENT
IoT
NETWORK

この自己学習能力により、Cyber AI は日常活動のノイズが飛び交う組織のデジタルシステムにおいて、稀な未知のパターンを発見できます。 組織の生活パターンからほんのわずかな逸脱を検知することで、敵と味方を区別し、ともすれば見過ごされた真のサイバー脅威や攻撃を特定します。

DarktraceのCyber AI Platformは、世界各国の4,000社以上の組織に導入されています。

インペリアル・カレッジ・ロンドンの人工知能分野の権威、Nick Jennings博士が「現代のサイバーインシデントの数、新規性、スピードのいずれにも対処できる、極めて重要な革新」と賞賛するCyber AI は、独自の 自動対処技術で適時に適切なアクションを起こし、脅威を数秒のうちに封じ込めます。

攻撃者のAIによる新世代のサイバー脅威が発生しつつある中、自動対処するAIが必要な精度とスピードでこれらに反撃することは極めて重要です。 マシンスピードの攻撃に対しては、その一歩先を行くAI防御で反撃することが必須で、これにより人間がサイバー攻撃のスピードに追いつくまでの貴重な時間を確保できます。

Darktraceは新たなサイバーセキュリティのあり方を体現しており、既存の防御モデルから業界全体を底上げします。 先進的な機械学習の手法を新たなソフトウェアアプリケーションに適用することで、競合が存在しない最先端の企業を確立しました。
王立工学アカデミーフェロー、Andrew Herbert博士