Email Security

Eメールは依然として企業にとって最も危険な攻撃ベクターです。 サイバー犯罪者はEメールをスプーフィングする、あるいは信頼されたアカウントを乗っ取ることで、ユーザーにビジネスから数百万ドルを銀行送金させるように仕向けたり、1回のクリックでランサムウェア攻撃を引き起こします。 Eメールが94%の攻撃の侵入ポイントにも関わらず、従来のセキュリティコントロールは依然として十分ではありません。

ネイティブ製品であれ、サードパーティ製品であれ、従来のEメールコントロールはEメールをある時点で隔離状態において分析し、ブラックリスト、シグネチャ、事前定義された異常と相関させるだけに留まります。 このアプローチはスパムや同様の無差別型キャンペーンには役立つかもしれませんが、新しいEメール攻撃のわずかな兆候を特定することはできません。

最近のEメールセキュリティはかつてないほど進化する脅威との戦いに立ち向かう革新と考え方の変化を必要としています。
Peter Firstbrook、Gartnerアナリストバイスプレジデント

あらゆるユーザーと通信先の通常の「生活パターン」を学習し続けることで、DarktraceのサイバーAIは別名の裏に隠れたダイナミックな個人を理解します。 これにより、AIはわずかな逸脱も見逃さず、高度な標的型攻撃を影響がもたらされる前に特定することができます。

Darktraceの世界をリードする自己学習技術であるAntigena Emailは、以下を含む広範なEメール攻撃を検知します。

  • 高度なスピアフィッシング
  • ソーシャルエンジニアリングとなりすまし攻撃
  • サプライチェーンアカウントの乗っ取り
  • ビジネスメール詐欺(BEC)
  • 内部アカウントの乗っ取り
  • 外部データの損失
  • 未知のマルウェアとランサムウェア
Antigena Emailについて