Email Security

94%の攻撃はEメールから始まりますが、従来のセキュリティコントロールは依然として不十分です。 スピアフィッシング攻撃やなりすまし攻撃がますます巧妙になり洗練される中、状況は悪化する一方です。

企業の従業員とユーザーは、高度に進化したテクニックを駆使して個人を騙すサイバー犯罪者のターゲットになりがちです。 さらに、意図しない脆弱性やデータ漏えいを予防するために、従業員のエラーや内部脅威を低減する必要があります。

従来のEメールセキュリティツールは、ある特定の時点で個々のメールを解析し、静的なルールやブラックリストに照らして相関を検証するものです。 このアプローチはスパムを捕まえるものの、高度なEメール攻撃やコンプライアンスの問題のわずかな兆候を特定できませんでした。

IaaSとSaaSの統合を示すEメールセキュリティのダイアグラム

DarktraceのCyber AI Platformは外部のEメールレイヤーと内部ネットワークの間に生じるギャップを埋める初めてのアプローチです。 受信者を単なるメールアドレスではなくダイナミックな個人として扱うことで、Darktraceは事業の様々な部分に現れる従業員の生活パターン全体を解析し、多次元の文脈と照らし合わせることで、そのメールが純粋な脅威であるかどうかを確認します。

Darktrace AntigenaのEmail Moduleは、以下を含むあらゆる種類の脅威を検知します:

  • 標的型スピアフィッシング攻撃
  • 誤送信または不正メール
  • ソーシャルエンジニアリング
  • アカウント乗っ取り
  • 個人、ドメイン、サービススプーフィング
  • 未知のマルウェア
  • データ漏えい
Antigena Emailについて