Email セキュリティ

新たな脅威は侵入を続けている

Eメールはビジネスの稼働を維持する結合組織です。また、サイバー犯罪者にとっては組織への究極の侵入口でもあります。

従来のセキュリティコントロールは境界に限定されており、Eメールをある1つの時点において単独で分析するものです。このアプローチでは、会話をオフラインに持ち込もうとする、あるいは金銭をだまし取ろうとする意図を持った「クリーンな」Eメール攻撃の弱い兆候を見つけ出すことは不可能です。

Darktrace Cyber AI を活用した Antigena Email は、他のツールでは見逃されてしまう高度な脅威を捕捉します。

無償トライアルの予約

動画を見る:
Antigena が悪意のあるEメールを無害化する仕組み

AIを駆使するEメールセキュリティ

Eメールセキュリティに対する新たなアプローチは、AIを駆使してあらゆるユーザーと通信相手の「生活パターン」についての包括的な知識を蓄え、Eメールのやり取りにおける「人間」についての進化した理解を構築します。このテクノロジーはあらゆる社内外のユーザーそれぞれに固有の「自己」の意識を学習し、インバウンドとアウトバウンド双方の通信について、内部同士の横方向の通信と併せて分析します。

この理解はシステムの正確性を劇的に高め、従来のツールよりも的を絞った効果的な対処が可能になります。受信者を単なるEメールアドレスとしてではなく、動的に変化する個人やグループとして扱うことにより、AIを駆使するメールセキュリティソリューションは、「通常」からのわずかな逸脱を独自の能力で特定し、一見良心的に見えるEメールが間違いなく悪意あるものであることを明らかにします。

このアプローチは、DarktraceのEメールセキュリティ製品であるAntigena Emailという形に結集され、以下を含むあらゆる種類の高度なメール攻撃を正確に特定し、対処することができます:

  • フィッシング
  • ドメイン偽装
  • アカウント乗っ取り
  • サプライチェーン攻撃
フィッシング
リンクおよび添付ファイルを他のすべてのEメールおよびネットワークトラフィックとの関連で分析します
ドメイン偽装
リンクや添付ファイルを含まない「クリーンな」Eメールに含まれる異常も検知することができます
アカウント乗っ取り
個別のユーザー間の通信のパターンを学習します
サプライチェーン攻撃
個人ユーザー間の通信パターンを学習し、信頼されたEメールアカウントが乗っ取られた時に認識します。

製品ページを見る

Gartner社のマジック・クアドラントにおけるリーダーが見逃したスピアフィッシングキャンペーンをAntigena Emailが捕まえたとき、我々は納得しました。審判は下されました。
CIO、Numeris