テクノロジー
製品
リソース
会社
日本語
テクノロジー
製品
ブログ
リソース
会社

AIでランサムウェアと戦う

現在も、多くの組織が高度なランサムウェアに思わぬ隙を突かれ被害にあっています。Darktraceの自動対処技術は通常の業務を中断させることなくランサムウェアを阻止します。

ランサムウェアが組織内に広がる速さはすさまじく、セキュリティチームは脅威を阻止するために思い切った、手荒なアクションを取らざるを得ません。しかしそれはしばしば広範かつ深刻な影響を伴います。

デジタルインフラの相互接続が進む中で、ランサムウェアの連鎖的影響はますます悪化しています。そのような今、相応的な対処戦略にシフトする時が来ています。攻撃を阻止すると同時に、ビジネスをあるべき形で継続できる戦略です。

ビデオ: ランサムウェア攻撃の例
最初の侵入から暗号化までの攻撃ライフサイクルの8つの段階で、自動対処技術がどのようにランサムウェアを遮断するかをご確認ください。

ランサムウェアに相応的に自動対処するテクノロジー

Cyber AI は通常の業務を中断させることなく自律的にランサムウェアを撃退する唯一のテクノロジーです。

ユーザー、デバイス、サーバーを含む組織の通常の「生活パターン」を学習し、通常から逸脱したランサムウェア攻撃を数秒で識別します。

Cyber AIはランサムウェアを無害化するために正確かつ的を絞ったアクションを取ります。組織による対処が程度に見合っており、有害な、意図しない連鎖的な影響が起こらないようにします。

ピンポイントな自動対処技術により、組織はあらゆる種類のマシンスピードの攻撃に対して、それがどこで発生しようとも撃退可能なサイバーレジリエンスを構築することができます。

“当社がDarktraceの自動対処技術を導入した主な背景はランサムウェアの脅威でした。”
Ted Baker社、Chief Information Officer、レオン・シェパード氏

主な特長

自己学習型
既知および未知の種類のランサムウェアを識別
正確かつ的を絞った対応
業務を中断させることなく悪意あるアクティビティだけを阻止
AIネイティブ
ルールやシグネチャ不要
リアルタイム
数秒でアクションを実行

クラウドインフラを保護

ランサムウェア攻撃はますますITシステムからOT環境に波及しており、 EKANS ランサムウェア など、脅威がますますICS(Industrial Control Systems)を標的にするようになる中で、重要インフラはかつてないリスクに晒されています。

Industrial Immune System はITシステム内の悪意あるアクティビティとOTシステム内の挙動の間の関連性を理解することができ、サイバー脅威が組織のどこを攻撃しようとも阻止する能力を備えています。

ログを読む

Antigena Email:ランサムウェアを発生源で阻止

多くのランサムウェアはEメールプラットフォームから侵入し、ルールやシグネチャに依存する従来のEメールセキュリティを容易にすり抜けています。

Cyber AIの力を利用したAntigena Emailは、Eメールアドレスの背後に存在するそれぞれの人間についての深い理解を構築します。自律的かつ適切な対処により、Eメール全体の保留や、リンクに対するロック、あるいは添付ファイルを無害なファイルタイプに変更するなどして、脅威を阻止します。

もっと読む