脅威に自動対処する初の技術

DarktraceのAIは、組織内のあらゆるユーザーとデバイスの生活パターンを学習することで、正常と異常、敵と味方を自動識別し、進行中のサイバー脅威からビジネスをリアルタイムに保護します。人間の免疫システムにおけるデジタル抗体のように、自己学習型AIがほんのわずかな脅威の兆候を正確に無害化することで、セキュリティチームはサイバー攻撃のスピードに追いつくまでの時間を確保できます。

Darktrace Antigenaは平均3秒毎に新たなサイバー脅威に対処します。

サイバー犯罪者は、高度にカスタマイズされ、的を絞った逃げるような攻撃を大規模に開始するために基本的な機械学習
の手法を採用し始めています。一方で、組織もこのような攻撃を軽減できる唯一の技術であるサイバーAIに依存し始める
中、アルゴリズムの戦いが始まろうとしています。

AI攻撃とアルゴリズムの戦い

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーをダウンロードいただき、ありがとうございます。

このページの機能を使用するには、JavaScript が有効である必要があります。

DarktraceはAIを駆使するサイバー防御の新たなフロンティアを先んじています。 現在、私たちはSaaSアプリケーション、クラウドコンテナ、都市中に分散されたセンサーの全域をリアルタイムに監視しています。
Michael Sherwood、ラスベガス市政府技術・イノベーションディレクター

サイバーAIを駆使する自動対処

Darktrace Antigenaはランサムウェア、フィッシング攻撃、自動化された攻撃などの高速な脅威からシステムを防御します。この自動的な意思決定は下記のメリットを提供します:

  • サイバー攻撃の影響を最小化
  • 正確かつターゲットを絞ってリアルタイムに対処
  • ファイアウォールなど他のセキュリティツールとの統合
  • クラウド、Eメール、IoTデバイス、ITネットワーク、SaaSアプリケーションの別を問わず運用可能
  • AIアルゴリズムによる自動対処でセキュリティチームは本来の業務を継続

Antigenaの自動対処技術は、攻撃の進行中にリアルタイムに意思決定するAIの頭脳として機能します。この技術により人間のセキュリティチームはサイバー攻撃に追いつくための時間を確保でき、Antigenaがアクションを起こすことで既存のセキュリティツールを最大限に活用できます。これにより、リアルタイムに進行する攻撃に対して既存のセキュリティチームとツールがより効果的に対処できます。