Threat Visualization

数々の受賞歴を誇るDarktraceのThreat Visualizerは、直観的な形でセキュリティインシデントを説明・理解するための完璧なキャンバスです。

DarktraceのThreat Visualizerは、潜在的に懸念されるイベントやアラートを自動的に選別し、ユーザーが注意すべき最重要事項を提示します。 調査は迅速かつ効率的で、十分な情報をベースに下された意思決定により、いかなる問題も記録的な速さで修正されます。

Threat Visualizer の機能は脅威のインターフェースだけではありません。 クラウドサービス、SaaS、オンプレミスネットワークやEメールを含む、デジタルインフラにおける挙動を完全に可視化します。 リアルタイムの可視化により、オンデマンド調査やプロアクティブな脅威ハンティングを実現することで、デジタルインフラの真の状況に確信を持てるようになります。

多様なインタラクティブ機能によりクエリを行うことで、豊富なメタデータやイベントログを抽出し、これらの膨大な情報により詳細なフォレンジック調査も実施できます。

Visual Storytelling

Threat Visualizerは脅威を調査する間、豊富なメタデータやイベントログとともに、視覚的なストーリーテリングを提供することで、セキュリティインシデントを説明・理解するためのキャンバスになります。

Darktraceはこのように関心が高いセキュリティイベントを表示し、インシデント自体やその前後に関連する挙動を視覚的に説明することで、インシデントとそれを取り巻く状況に対する役員やエンドユーザーの理解を促進します。